スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にとっての神アプリ #my_kamiapp

こんな面白そうな企画がやっていたから、今日は今まで使ってた中で神だと感じたアプリを紹介しようと思う。

〈企画〉あなたにとっての神アプリを教えてください。#my_kamiapp



企画内容
あなたにとっての神アプリをブログで紹介してください。神となる条件は人それぞれなので、自分の思うアプリを自由に書いて下さい。簡単にでもよいので、なぜそのアプリが自分にとって神なのかも書いていただけるとありがたいです。

条件
・アプリはスマホアプリとしたいと思います。iPhoneだけじゃなく、AndroidアプリでもOKです。・どんな理由であれ、あなたにとっての神アプリであれば、なんでもOK。自信を持って紹介して欲しいです。他の紹介とかぶっててもまったく問題ないです。・紹介するアプリの数も制限なし。1個でも10個でも。・ブログ記事のタイトルにハッシュタグ#my_kamiappを付けるか、ツイッターでつぶやいて下さい。私に直接メンション飛ばしていただくでもOKです。



自分にとっての神アプリ



【MyShortcuts】
URLスキームを使って通知センターにアプリのショートカットを作ってくれるアプリ。
極力ホームボタンは押したくないなら通知センターを利用するのが一番。
どんな場面からでも2ステップでアクセスできる快適さを一度でも知ると病み付きになる。
これのおかげでホーム画面がかなりスッキリできた。

【Iconizer】
上に同じく通知センターにアプリのショートカットを作ってくれる。
通知センターは一つのアプリで10件までしか表示されないからね。この手のアプリはあればあるだけ欲しい。

【QuickEver】
Evernoteへ直ぐメモを送信するアプリ。
起動したらもう記入できる。
リマインダーを使って通知センターにショートカットが作れるということでお気に入りになった。

【SmartEver】
Evernote内の「SmartEver」というタグだけを閲覧、編集できるアプリ。
主にライフログとして一日の行動を記入したり、ネタを編集するときに使う。
同期がとても早くてお勧め。

【FastEverSnap】
撮った写真をそのままEvernoteへ送ってくれるアプリ。
その日食べた料理やレシートの撮影によく使ってる。
消音にも対応されるようになってからはOnecamの出番がなくなってきたな。

【Reeder】
RSSリーダー用のアプリ。
毎朝歯を磨きながら気になる記事だけPocketに送るようにしてる。
UIが変わってからは、ますます使いやすくなって手放せないアプリの一つになった。

【Pocket】
あと読みサービスの代表格。
Read it Laterという名前の頃からお世話になっています。
Reederで送った記事を時間のある時にじっくり読む感じ。
EvernoteやTwitterにも送信できるのが素晴らしい。

【駅探 乗換案内】
このナビアプリの素晴らしいところは、乗換先の電車が何番ホームにあるのかまで教えてくれること。
都会の大きな駅だと、同じタイプの電車なのに快速と普通でホームが違うことがある。
このアプリを見ていれば、どのホームか迷うことなく行けてめちゃくちゃ便利。

【Tweetbot】
去年の5月頃からずっとメインになってるTwitterアプリ。
これを使い始めてからは他のTwitterアプリに興味がなくなってしまったほどだ。
あなりに好きすぎて、この前リリースされたTweetbot for Macは高額にも関わらず即買いしてしまった。
全てにおいて不満がなく、これからもずっと使い続けるつもりでいる。



というわけで


駆け足な紹介となってしまったけど、これらはどれも自身を持って「神」だと言える。
けど、例え自分にとっての「神」だからと言って、それが他人にとっても同じとは限らない。
それはまさに、宗教と同じで、それぞれが違うものを同じ「神」と呼んで崇めているようなもの。
だからこそ、誰かの「神」が何であるのかを、お互いが知る必要があると思う。
これを読んで、これが自分にとっての「神」だ、と言えるものがあるなら、是非この企画に参加して欲しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラビットワイズマン

Author:ラビットワイズマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。